現在のビジネス環境は、かつてないほどスピーディかつダイナミックで、絶え間のない変化を続けています。そして、この変化にいかにして対応するかが、企業の未来を左右する重要な鍵となっています。インテリジェンスが人類の進化、成長、生き残りを決定付けたように、ビジネスにおいても競合に勝ち抜くためにはインテリジェンスがは不可欠です。この変化の時代において、“インテリジェント企業”であり続けることこそが、貴社のビジネスを競争優位へと導きます。

インテリジェント企業とは

  • グローバル
  • インテリジェント企業は、異なる市場におけるさまざまなオペレーション上の課題を、最適な手法で解決します。

    新興国と先進国の間で広がる人口動態の格差は、市場における需要、購買力、知的財産や人材の供給能力などに大きな影響を及ぼしており、製品の設計や市場インフラ、バリューチェーンのあり方をも左右するようになっています。

    インテリジェント企業は、市場における過去の経験則や予測をもとにした的確な判断基準を備えています。これらを最適な知的資産として、無駄なコストを費やすことなく、効果的、効率的に活用することで、市場での競争に臨んでいます。

  • コネクテッド
  • インテリジェント企業は、常にお客様をふくむステークホルダーのニーズに耳を傾けながら、その課題を解決するというビジョン、高い理念を備えています。

    ビジネスのグローバル化とテクノロジーの劇的な進化によって、従来の職場は世界規模のネットワークで繋がれたバーチャル組織にに生まれ変わりました。スマートな企業はステークホルダーのニーズを的確に把握しながら、それに応えるための手段として、このネットワークを最大限に活用しています。

    そのためには情報を可視化し、世界中のあらゆる場所からアクセスして、処理できなければなりません。インテリジェント企業はあらゆるビジネスプロセスを可視化し、シームレスなデータ活用や意思決定のプロセスを確立しています。さらに、インテリジェンスに裏付けられた、パートナー企業と高度なエコシステムを構築し、ビジネスの差別化となる様々な価値を創造します。

  • イノベーション
  • インテリジェント企業は、競争優位性を獲得するために必要な、現在および未来の課題に対する新たな解決策を見出す能力を備えています。

    ビジネスの資産、製品、情報、さらには人材までもが、ビジネスのフィールド上で網の目のように絡み合う今日のネットワーク社会では、常に新たなビジネスモデルの開発や変革の加速が求められています。

    インテリジェント企業は、これまでのビジネスモデルを破壊する画期的なイノベーションと同様に、日々の変革にも注力しています。新たな製品開発への的確な投資を行い、生産性を向上させることで、顧客に提供する価値の向上に絶えず努めています。またインテリジェント企業の多くは、キャッシュおよび運転資金を増加させるため、変動的なコスト運用モデルを採用しています。

  • アダプティブ
  • インテリジェント企業は、変化への素早い対応はもちろんのこと、情熱あふれる機動的なチームを通じて、自らを変革し続ける企業文化を育てながら、常に従業員と顧客に最大限の価値を提供します。

    優れた適応能力を備えた企業の共通点として、変動的なコスト運用モデルによる柔軟なビジネスモデルの推進が挙げられます。こうした企業は、競争力の直接的な源泉とならないノンコアのプロセスを素早く特定し、無駄や非効率を排除します。また予測能力と変化対応力の向上のために、高度な分析に基づく調節可能な投資方法を採用しています。

Print

プロセス、分析、テクノロジーの連鎖

すべての企業は、一般的なビジネスプロセスをテクノロジーによって1つに束ねた集合体のようなものです。ここではネットワーク化され、ますます複雑化する世界から集められた、膨大かつ絶えず変化するデータが処理されます。インテリジェント企業は、優れた分析能力と先進的な技術力で、一般的なプロセスをスマートなプロセスに生まれ変わらせることで、自らを差別化し、卓越した成果を生み出すことができます。


プロセス
企業は、それぞれの組織の機能とその経営方針によって成り立っています。そして従業員と企業文化、行動規範も、それぞれの組織の役割に従って形作られています。どのようにして新たな顧客を獲得、維持し、関係を深めていくか、また従業員の雇用、さらに製品を提供、管理するためのサプライチェーンの開発といった企業活動の核となるプロセスを、あらゆる業種の企業が備えています。業界をリードする企業とそうでない企業の違いは、ビジネスの成果を生み出すキーポイントとして、このビジネスプロセスをどう捉えているかにあります。例えば、多くの企業はプロセスの「有効性」を高めることではなく、「効率」を上げること、すなわちコストの削減に注力しています。しかし、これだけでは、目標とする成果の達成に必要な全社レベルの戦略的なプロセスとして十分とは言えません。

プロセスを効率化することは、ビジネスの成果に効果的に結び付き、グローバル市場における競争に打ち勝つことに貢献することが必要であるとインテリジェント企業は理解しています。

分析
ビッグデータ時代の到来、規制の変化、ソーシャルメディアの発展など、様々なビジネス環境の変化は、ビジネスのオペレーションに大きな変化をもたらしています。多くの企業はデータが貴重なビジネス資産であることを認識してはいるものの、それらのデータのほとんどは業務において有効活用されていません。このデータ活用にこそ、他社との差別化を図る大きなチャンスがあります。インテリジェント企業は、革新的なデータ活用により、トレンドや課題を素早く特定し、そこに隠された本質を見抜き、将来のリスクを把握した上で、ビジネスのゴールに向けた最適なオペレーションを実践することができます。

テクノロジー
テクノロジーは、すべてのビジネスモデルにおける柔軟性と革新性を支える重要な要素です。新しいテクノロジーとネットワーク社会が膨大なビジネスチャンスを創出し、クラウドやコラボレーションツールが国境を越えたオペレーションやカスタマーリレーション、さらに業界のバリューチェーンを大きく変えています。インテリジェント企業は新しいテクノロジーを捉えるため、素早く行動を起こす必要があります。企業は十分なインテリジェンスを持ってテクノロジーを採用することで、大きなリターンを得ることができるのです。既存のオペレーションや新しいビジネスチャンスから得られる分析結果を活用し、新たなモバイルデバイス、SaaSやチャネルとしてのソーシャルメディアの利用など新しいテクノロジーを使い、変動的なコスト運用モデルによる最小限の投資を行うといった、インテリジェントな活動は、テクノロジーによってその成果を飛躍的に向上させることができます。

Print

資料請求