イノベーション

クライアントにもたらされるイノベーションは、現状に対するジェンパクトのたゆまぬ挑戦の結実です。このことは絶えず業務プロセスのソリューション-業務分析(在庫の適正化やソーシャルメディアを活用した投資家の意見分析など)、リスク管理(アンチマネーロンダリング、商品原価のインパクトシミュレーション)、ビジネスコラボレーション(ジェンパクト-Unified -Collaboration-Engagementなどの優れたプラットフォームで提供 など-が強化され、着実な進化を遂げていることの証でもあります。

ジェンパクトがビジネスプロセスイノベーションのプロバイダーとして特別な評価を受けている背景には、以下のような理由があります:

  • 多面性を持つと同時に、クライアント、パートナーおよびジェンパクトのエコシステムとの関係を密接に保つ。どのような業務プロセスであれ、サイロ化した状況では真のイノベーションは起こりません。例えば、クライアントとコンサルタントやアドバイザーとの深い協力関係の構築、MIT Center for Collective Intelligence(CCI、コレクティブ・インテリジェンス・センター)といった学術機関との共同研究、クラウドソーシングによるWEBベースのコラボレーションによるネットワークSolutionXchangeの利用、SEPイノベーショングループの専門性、奥深い業務分析基盤、ジェンパクトの積極的な取締役会、AkritivやEmPower社の買収など、ジェンパクトの広範におよぶインテリジェンス・ネットワークによってこそ、真のイノベーションをもたらすことができるのです。
  • 専任のシニアマネジメントによるユニークなイノベーションプロセス。ジェンパクトのイノベーションファクトリーは、ジェンパクトのエコシステムの強みを生かしながら、クライアントのニーズを引き出し考察を加え、また再利用が可能でコスト効率が高く、標準化しながらも構成変更可能な新旧の課題に対応できるイノベーティブなソリューションを提供します。

資料請求