ジェンパクトのリーンシックスシグマに対するDNA

リーンシックスシグマの取り組みに関する伝統は、ジェンパクトの大きな誇りです。このことは、いわばジェンパクトのDNAの一部にもなっています。リーンシックスシグマはツールであり、長年にわたって品質向上のために利用されてきたメソドロジーです。違いはツールにあるのではく、それを企業がどのように受け入れて、機能させるかにあります。ジェンパクトはリーンシックスシグマの提唱者として世界的に知られるジャック・ウェルチ(Jack Welch)の指導のもと、GEの1部門として初めてリーンシックスシグマを実践しました。リーンシックスシグマは製造部門では一般的でしたが、GEはその適用をサービス部門にまで拡大し、大きな成果を上げた初期のイノベーターです。リーンシックスシグマを単なる機能とする場合もあれば、全社的に適用する場合もあります。これはGEにも、そしてジェンパクトにもいえることです。リーンシックスシグマはジェンパクトの事業活動に浸透し、オペレーションや処理方法、方向性などの可視性を高めることに貢献しています。

ジェンパクトのソリューションやチームのスキル、豊富な経験については、クライアントから幾度となく高い評価を得ています。ジェンパクトは、これまでとは異なるアプローチでクライアントとの契約を結びます。たとえ契約のスコープ外であっても、クライアントの業務に与えるインパクトを最優先に考え、常に上流工程から下流工程までを俯瞰したサービスを提供します。

プロアクティブに隅々までプロセスのリエンジニアリングを行い、またより高い効率性が得られるようクライアントと一体となって作業を行います。そこでは、想定外のコストが生じることもありますが、ジェンパクトは短期的な利益よりも、長期にわたるパートナーシップの継続を重視し、利益はその結果として捉えています。

クライアントの業務オペレーション、シームレスな業務プロセス環境の構築に向けて、一丸となって臨みます。チームには、いま担当している仕事は自分の仕事ではなく、クライアントの仕事そのものであるというマインドが浸透しています。これこそが、ジェンパクトに根付いた伝統的なDNAなのです。


Print

資料請求