スマート・エンタープライズ・プロセス


ボトムアップ、緻密さ、プロセス重視型のアプローチを、リーンシックスシグマと組み合わせるジェンパクトのユニークな方法論は、クライアントから高い評価を得ています。ジェンパクトが提供するSEPSM(Smart Enterprise Process)は、このアプローチに基づくフレームワークであり、他社のサービスとの大きな差別化要因でもあります。

ジェンパクトが提供するSmart Enterprise Processes (SEPSM)は、企業内のビジネスプロセス管理のためのフレームワークです。SEPSMは変化するビジネス環境にあっても、企業の継続的な成果の獲得を支援し、また変化や新しい環境に迅速に適応する能力、さらに斬新なソリューションを生み出すための環境を提供します。ビジネスプロセスの効率化のみならず、その有効性を高めることに注力しながら、グローバル市場におけるオペレーションを推進する企業こそが、ジェンパクトが提唱する“インテリジェント企業”なのです。

Smart Enterprise Processes (SEPSM)とは?

SEPSMは教科書的なものではなく、詳細なデータ分析、高度に洗練された診断手法のほか、部門間ベンチマークなどを用いるユニークな解析手法です。プロセスの有効性の最大化に加え、次のような目的の達成を支援します。

  • 統制の強化による規制遵守の徹底
  • 市場への参入スピードを高め、収益を向上
  • 生産能力と効率性を向上し、コスト管理を強化

SEPがもたらす価値

SEPSMのフレームワークは、多くのクライアントに次のような実績をもたらしています:

  • 現金払いの注文プロセスにおける売掛債権回転日数(DSO)を20%改善
  • 買掛プロセスにおける莫大な買掛金を50%削減。
  • カスタマーサービスプロセスにおけるコストを2倍から5倍の割合で削減。

SEPSMのフレームワークは、プロセスそのものが最大の効果を生み出すための、企業独自のロードマップの策定を支援します。また固有のニーズに対応し、ビジネス目標を達成するための調節可能なアプローチを採用しています。

Print

経済環境の急速な変化、高まるグローバル化の要請、競争の激化、さらには株主の期待に応えるため、ビジネスプロセスの最適化はかつてないほど重要な意味を持つようになっています。SEPSMのフレームワークを利用してキャッシュフロー、マージンおよび収益性を改善することで、企業は競争力を高め、インテリジェンスを向上させることができます。

SEPSMのフレームワークによるビジネス変革

  • 部分最適にとどまらず、全社のビジネスプロセスをエンド・ツー・エンドで俯瞰的に捉えることにより、ビジネス全体の成果を高めます。
  • 現状のプロセスについて、グローバルスタンダードおよびローカルスタンダードとの詳細な比較検討を行い、改善すべき領域を特定します。
  • 優れたビジネス効果の創出に向けて、プロセスの効率性に加え、その有効性にも焦点をあてます。
  • 個別のプロセスのアウトプットを他のプロセスと厳密に連携させることにより、プロセスそのものの価値を最大化します。
  • ビジネスプロセスを最適化し、テクノロジーに対する投資効果を最大化します。

成功事例

効率性と有効性の両立

今日の成長企業は、合理化と大幅なコスト削減により、高い効率性を備えたビジネスプロセスを構築しています。しかし、こうした業務効率の向上に成功した企業も、その多くはさらに大きなビジネスの成果を生み出すプロセス自体の有効性には気がついていません。SEPSMの価値は、まさにこの点にあります。多くの企業では、部門横断的なプロセス連携が図られていないため、部門や部署の個別のプロセスを最適化することに終始し、全社的なプロセスの有効性については曖昧なままで放置されています。

Print