直接財調達費用は売上原価(COGS)を構成する重要な要素であり、インフラ業界や製造業では、コスト全体の30%以上を占めています。直接財やサービスの仕入コストの適正化は、収益性と運転資金に大きな影響を与えます。また直接財管理のプロセス改善は、製造原材料の在庫状況や顧客からの注文対応にもプラスの影響をもたらします。

ジェンパクトの直接財調達支援サービス(Direct Procurement Services)は、その体系的なアプローチによってTCOの削減、資材供給力の向上、運転資金の改善を支援することで、クライアントの業績向上を目指します。また、直接財の調達戦略策定から買掛による資材調達に至るまで、あらゆる範囲にわたる資材調達部門の業務を加速します。商品管理、購買分析、調達担当などの業務に精通した専門スタッフのチームが、調達プロセスをインテリジェントに管理するための支援を行います。

プロセスのパワー

業績の向上にはスマートなプロセスが不可欠です。TCOの低減、余剰在庫の削減、サプライヤーのオンタイム納品、また支払いの早期化によるスマートなプロセスによって、調達に係るコストや時間を劇的に削減します。

ジェンパクトは、業績の向上を支援するビジネスプロセスおよびテクノロジー・マネジメントサービスの世界的なリーダーです。14年間にわたるリーンシックスシグマの経験をもとにしたジェンパクトのSEPSM(スマート・エンタープライズ・プロセス)のフレームワークは、より有効性の高いプロセスと詳細な分析手法、さらに世界最高クラスのプロセスと比較評価するテクノロジーによって成り立っています。

ジェンパクトの専門スタッフがクライアントの組織と一体となって、世界のすべての市場で通用する知見を提供します。また、ジェンパクトのアナリストはフォーキャスティング、デマンドコントロール、コスト分析などの専門家であり、日々の調達業務に関する支援は調達分野の専門家によって行われます。

卓越したSEPSMのフレームワークと調達分野における深い専門知識により、コスト削減、余剰在庫の削減、サプライヤーのオンタイム納品、支払いの早期化などにより、資材管理プロセスに多くのメリットをもたらします。

Print

大きな効果を生み出すサービス

インテリジェント企業の他社との差別化要因は、企業活動全体を俯瞰した隅々にまでわたるプロセスを構築し、総合的なサービスを提供できる点にあります。ジェンパクトの直接財調達サービスは、需要予測、調達計画、発注管理、サプライヤーのパフォーマンス管理および買掛の管理など多岐にわたります。

  • 需要予測、調達計画および在庫の最適化:余剰在庫と原材料の欠品の削減にフォーカス、また、製造工程で用いられる原材料の適正な供給を確保します。
  • コスト分析: サプライヤーとの取引の合理化、調達の一本化、契約履行の改善などを支援します。
  • 発注管理により、発注書(PO)の作成、送付、サプライヤーの受領確認、および過去の発注分の状況確認などを支援します。
  • 的確なフルフィルメント管理により、サプライヤーからの確実なオンタイム納品、また製品需要に合わせてサプライヤーの納品数や納品のタイミングを調整できるようにします。
  • サプライヤー・パフォーマンス管理により、サプライヤーからの納品のタイミング、納品物の品質および自社の調達ポリシーに準拠しているかなどを体系的に管理します。
  • 買掛プロセスの最適化により、サプライヤーに対する支払い期限の厳守、また問題がある場合は適切な時間内での解決を図ることで、運転資金に対する目標を達成します。

ジェンパクトは、さまざまなクライアントとの取引を通じて、年間約20億ドルもの直接財調達を管理しています。海運、エネルギー、医療産業、石油・天然ガス、化学業界などにおいて、500名以上のスタッフがクライアントの直接財調達をサポートしています。

Print

資料請求